忍者ブログ
アロマ、レイキ、徒然のことを綴ってゆきます
[53] [52] [80] [51] [113] [50] [49] [48] [112] [47] [46]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

実は昨年の夏に続いて子供が中耳炎をやりました。昨年のことは掲示板も書きました。先週、世の皆さんが風邪を引かれていた頃、ウチの子も少し風邪気味でした。そのせいかどうか分らないのでけど中耳炎になりました。それで良い結果が出たので報告させてください。

今回も最初は大変でした。先週の日曜日に夕方から機嫌が悪くなり、夜になって「痛い、痛い」と言い出しました。それが自分でどこが痛いのかなかなか言わず、何とか聞き出したのは右の耳下腺から顎にかけてが痛いようだと分りました。どうも昨年の中耳炎で鼓膜を切開したりして耳鼻科ですごくイヤな思いをしたのがトラウマになって、「耳が痛い」と言いたくなかったようなんですね。とりあえずレイキで病腺を取ります。すると、ピリピリ感が耳下腺から顎にかけてあり、また右耳から熱感がありました。左耳は逆に少し冷感がありましたがはっきりしませんでした。うーん、おたふく?それとも耳?ということでレイキをかけていったら30分ぐらいで寝てしまいました。

じゃあ、様子見か?ということでベッドに運ぶとまたしばらくして「痛い、痛い」といい出しました。痛がりようがすこし激しかったし(この子はもともと痛みには弱い方なんですが)、左も少し痛いような事を言っていたので、その時はすでに深夜0時でしたが、「じゃぁ、日赤行くか・・・」ということでタクシーを呼んで日赤の夜間診療へ行きました。日赤の夜間診療はすごく久しぶりで、前の奥さん・子供の時以来で少し懐かしかったです。で、見てもらって熱はないし、おたふくでもないし、耳も見てもらって「やはり中が少し赤いですね」ということで中耳炎の可能性が高くなりました。担当のお医者さんは内科?小児科?で、"耳のことは詳しくないのよオーラ"が出ていました(笑)。で、日赤では鎮痛剤だけ処方され帰宅。ところがその鎮痛剤が合わずに嘔吐してしまってかわいそうでした。それでも少し薬が効いたのか寝てくれてホッとしました。もちろんかなりレイキもかけましたが。

翌朝、耳鼻科に行って見てもらうと案の定、中耳炎でした。痛がっていた右耳は良くないし、左もかなり悪くすでにウミが貯まっているとのこと。左は切った方が良いと言われましたが、これで切るとすでにトラウマになっているのでそれがさらに悪くなという母親の判断で「出来るだけ切らないで」と頼んだところ、ギリギリだから様子を見ましょうということになり、鎮痛剤と抗生物質をもらってきました。

それからはレイキをかけました。私も仕事があるし時間の限度がありますので、一日30分〜1時間ぐらいでしたが毎日やってみました。本人が寝ているときがやりやすいのですが、耳は横寝になっているとその側が出来ないのが困りますが、今回は遠隔も駆使しました。つまり上になっている耳には直接手でレイキして(かざして)、寝ていて下側の耳には空いている手を使って同時に遠隔をするという変わった手法をとりました。鎮痛剤はその日の夜まで、抗生剤は3日ぐらい飲んで終わりにしました。水曜日にもう一度医者に行って、もともと痛がっていた右はまあ良くなっているようで、ウミの貯まった左は悪くはなっていないということで、さらに様子見ということでした。

その段階で、さらにアロマの処方を追加しましたが、あまり塗ってあげるタイミングがなく、今日までに3回ぐらいしか塗りませんでしたのでその分の寄与は不明です。でもほぼ毎晩レイキはしました。それで、発病から一週間目の今日、耳鼻科に行きましたが、「えっ、どうしてこんなに治っているの?」と驚かれたとの事でした。妻曰く「先生が驚いている姿がそれが驚きだった」そうです。炎症はほぼ完全に取れているとのことでした。それを聞いて「おーっ、レイキが効いたか・・・」とにんまりしたのは言うまでもありません(笑)。前回、切開したときは治るまでに2週間以上はかかりました。薬を飲んでいる期間ももっとあったと思います。今回も先生曰く「もう鼓膜がぱんぱんで破れそうだった」そうです。

まあレイキをやったから治りが格段に早かったのか、たまたま本人の調子が良かったからなのかはわかりませんでしたが、良くなったことはホッとしました。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
最新コメント
(01/31)
プロフィール
仁科まさき
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索