忍者ブログ
アロマ、レイキ、徒然のことを綴ってゆきます
[302] [301] [300] [299] [298] [297] [296] [295] [294] [293] [292]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ホメオパシーの話題などがあり、厚生省が統合医療を研究するなど、以前とはすこし環境が変わりつつある面もありますが、ネットの書き込みなどを見ていると、一般の方の代替療法に対する意識というのは、かなり懐疑的な面も多いようです。しかし、いまのままの西洋医療の体勢では、すでに医療費が膨大になり、保険制度も早晩崩壊してしまうことは明らかではないでしょうか。今の日本の「病気なってから治す」という発想を根本的に換えてゆかなければ、どうしようもなくなりつつあるのが現状ではないでしょうか。

さて、この統合医療という中にレイキはどのように関係してゆくのか、あるいは関係してゆかないのか、良くわかりませんが、私の予測ではあまり関係して来ないと思っています。これまで普及したレイキは、いわゆる西洋レイキであって、医療現場とは離れた領域で存在してきました。エネルギーヒーリングのように一般の方には「荒唐無稽」のように感じられるものは、今回のこの動きに入るのは難しい感じがします。ただ、諸外国では統合医療を論じる時にはエネルギーヒーリングは必ず入ってきます。

私としては、レイキ・霊気の普及は政治や制度に全くよらない形を進めたいと思っています。レイキにはそれが可能な理由があります。なぜなら、ほかの代替療法と違って、誰にでも手軽に家庭で使えて、年をとっても使えるし、使う度の費用はありません。何よりも、制度とか政治の流れと無関係に家庭に普及できる全ての要素を兼ね備えています。私はレイキが良い形で普及するのは家庭での使用が鍵だと確信しています。

ただ、今回の統合医療の流れで、期待するのはセラピストのある程度の資格化です。今の施術者,セラピストの質はあまりにもピンキリ過ぎで、明らかに受けたいと思う人に大変不利益な状態だと思います。少なくとも、最低限の解剖生理学の知識を身につけて、基本的な病理学や,一般的な代替療法を知識として持っているという基準を設けるべきだと思います。こういう方向を反対する人もいるかもしれませんが、私は一般の方が利益を得る(つまり一定水準以上の代替療法を受けれる)と思いますし、代替療法の社会的な信用度を上げるためにも必要なことだと思います。保険適用かどうかなんてのは,本質的ではないです。私たちは結局のところ医療費は100%払っているのですから。


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
最新コメント
(01/31)
プロフィール
仁科まさき
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索