忍者ブログ
アロマ、レイキ、徒然のことを綴ってゆきます
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ホメオパシーの話題などがあり、厚生省が統合医療を研究するなど、以前とはすこし環境が変わりつつある面もありますが、ネットの書き込みなどを見ていると、一般の方の代替療法に対する意識というのは、かなり懐疑的な面も多いようです。しかし、いまのままの西洋医療の体勢では、すでに医療費が膨大になり、保険制度も早晩崩壊してしまうことは明らかではないでしょうか。今の日本の「病気なってから治す」という発想を根本的に換えてゆかなければ、どうしようもなくなりつつあるのが現状ではないでしょうか。

さて、この統合医療という中にレイキはどのように関係してゆくのか、あるいは関係してゆかないのか、良くわかりませんが、私の予測ではあまり関係して来ないと思っています。これまで普及したレイキは、いわゆる西洋レイキであって、医療現場とは離れた領域で存在してきました。エネルギーヒーリングのように一般の方には「荒唐無稽」のように感じられるものは、今回のこの動きに入るのは難しい感じがします。ただ、諸外国では統合医療を論じる時にはエネルギーヒーリングは必ず入ってきます。

私としては、レイキ・霊気の普及は政治や制度に全くよらない形を進めたいと思っています。レイキにはそれが可能な理由があります。なぜなら、ほかの代替療法と違って、誰にでも手軽に家庭で使えて、年をとっても使えるし、使う度の費用はありません。何よりも、制度とか政治の流れと無関係に家庭に普及できる全ての要素を兼ね備えています。私はレイキが良い形で普及するのは家庭での使用が鍵だと確信しています。

ただ、今回の統合医療の流れで、期待するのはセラピストのある程度の資格化です。今の施術者,セラピストの質はあまりにもピンキリ過ぎで、明らかに受けたいと思う人に大変不利益な状態だと思います。少なくとも、最低限の解剖生理学の知識を身につけて、基本的な病理学や,一般的な代替療法を知識として持っているという基準を設けるべきだと思います。こういう方向を反対する人もいるかもしれませんが、私は一般の方が利益を得る(つまり一定水準以上の代替療法を受けれる)と思いますし、代替療法の社会的な信用度を上げるためにも必要なことだと思います。保険適用かどうかなんてのは,本質的ではないです。私たちは結局のところ医療費は100%払っているのですから。


PR
某公共放送で二重被爆を体験した山口彊さんの番組をやっていた。これは三菱重工が当時広島と長崎の両方に造船所を持っていたことから起こったことだが。

僕には戦争体験はもちろんないが、この番組を見ていて思い出したことがあった。

僕の父親は7人兄弟の末っ子なので、従姉妹・従姉妹は全部かなり年上だ。その中の一人で、今でいうところのグレた子がいて(今のヤンキー?)、当時キャバレーで働いていて,知り合った米軍人と結婚した従姉妹がいる。

今改めて考えてみると、当時としては、これはかなりショッキングな出来ことであるはずだ。ウチの父親は、世間体とか、つまらない常識とかには囚われない人なので、こういった従姉妹でも大切にしていた。僕自身もこういうウチの家風は、常にありがたいと思うことしかない。色々な面で助けてもらうことが多い。

当時は米軍は関東村といって、府中に家族居住区を持っていた。たぶん僕はまだ小学生か中学生か、従姉妹はその時点で付き合っていただけなのか、すでに結婚していたのか記憶にないが、その関東村の米軍家族の家に遊びに行くことになった。従姉妹の相手の米軍人は、もともと奥さんが日本人で、その奥さんが亡くなってしまっていて、ハーフの子供がすでに2人いる、そういう家族で従姉妹は後妻に入った。

こういう時に親がついて行かないのが,ウチの家の素晴らしいところだろうか。逆に子供だけだったら,波風が立たないと考えたのか分からないが。もしも、自分がもっと大人だったら違う反応をしたかもしれないが、ワクワクドキドキだった様に思う。

最初にゲートに入るところからして、フェンスの構造や,中の雰囲気、建物、そして空気が全部日本とは違った。日本なのに日本ではなかった。(まあ、いまからするとそれは極めて典型的なアメリカのものだが)向こうの子供達も近い年齢ではあったが、今考えてみると、当時のアメリカの子供が、アジアのガキンチョをどう思っていたのであろうか。その時はクリスマスだったか、サンクスギビングだったか、七面鳥が出て、とにかくパサパサしているので七面鳥はまずいものだ、なんでこんなモンを喜んで食べるんだと思った記憶がある。付け合わせの紫のカブが美味しかった。お菓子やジュースや全部味が派手で,それでアメリカを感じた。

これが僕の戦争(戦後)体験ともいえるものだった。従姉妹達は、その後アメリカに行って,ご主人は死んでしまうが、従姉妹は子供達と良い関係を保って、今でもアメリカで頑張って暮らしてる。

この子供の時の体験は,たぶん大なり小なり影響を残したと思う。アメリカという国に対して、違和感なく、適度なあこがれを生んだように思う。ただ、成人してアメリカで4年ほど暮らして、そういった感覚はずいぶんと変わってしまった。友人もいたし、競争相手もいたが、今では、逆に違和感のほうが多いし、あこがれというのはない。アメリカ滞在は身分が保障されていたし、インテリ層での人間関係が大部分だったので、表だった人種差別というのは肌には感じなかったが、逆に、何故アメリカが簡単に原爆を投下したのかは良くわかる気がする。ごくごく普通のアメリカ人にとって、日本というアジアの小国はどうでも良い存在である。教育レベルの低い国なので、日本が世界地図のどこにあるのか知らない人も実際に沢山いる。落とす落とさないというのは高度な判断があるが、落としてしまったのにはそれなりに背景があると思う。

最初の番組の話だが、山口彊さんがアメリカに対する恨みはないといっていたことは、もの凄いと思う。極限状態を体験した人だから言える言葉なのかもしれない。日本では積極的に報道されないが、日本人の戦死者と、他のアジアの戦死者とを比較すると,圧倒的に日本に殺されたアジア人のほうが多いのだ。原爆だけを捉えることは出来ない。
生徒さんから教えていただきましたが、今日の東京新聞に米軍でPTSDの治療にレイキを使っているという記事が出ました。鍼灸も使っていますが、レイキのことがかなりクリアに書かれています。ご覧になってみて下さい。私としては,アメリカからレイキのことを教えてもらうのは少々しゃくに障るのですが(笑),今の日本の現状ではやむを得ないのかもしれませんね。
政治の話はここではしないようにしていますが、一言だけ。

こうも首相がしょっちゅう替わるのは、本当に困ったことで情けないの一言ですが、菅さんは私たち武蔵野市の一員で、地元では大変に人気がありますし、武蔵野市の文化に馴染んだ人材ではないでしょうか。私自身も昔のから一貫して応援してきましたし、地元から首相が出るというのは誇らしい一面、首相になってしまうと言うのは大変に難しい面もあると思いますね。こういった時代にうまく舵取りが出来る人なんて、そういるもんではないですし、大抵は憎まれ役になったりしますから。まあ、もし任期まで全うできたら、それだけでもすごいのかもしれません。
先日録画したBS-TBSの番組で、「脳の秘密」というアメリカ制作の科学番組をみていたのですが、何故だか内容と関係ないイラストがあって、それに「霊気」って書いてあるんですよ、しかも二カ所に。記憶と海馬の話をしている所でしたが。なんで??



ほかの方から教えて頂きましたが、本日の日本経済新聞の「私の履歴書」で、演劇学者の河竹登志夫さんがよくお父さんに「今日だけは怒るな心配すな、感謝し て業を励め人に親切に」と、たしなめられたとあったようです。私は買える機会がなかったので、新聞買われた方、保存して下さい(笑)! レイキと関係ない人でも、レイキの精神が脈々として受け継がれているという、興味深い例です。
ある方から、HPトップで、私の顔と、本を出版していることを
もっと前面に出した方が、怪しい感じがなくなって良いのではないかと、
サジェスチョンをいただきました。

ご存じかもしれませんが、私は本来は人前にバーンと出るのは
好きではないのですが、HPトップを少し変更してみました。

messia.com

怪しさが減ったか、逆に増えたかは、どうなんでしょうね?
自分の画像だともう客観的な判断が出来ません(笑)
スクールを運営していると、非常に困るのが営業の電話です。最近は対応にも慣れましたが(笑)。

最初の頃に多かったのが、SEO業者です。SEO業者はとにかくしつこい。何度でもかけてくるので、きっぱりと「もうかけてこないで下さい」と語意を強めに言うしかなのですが。最近は、たまにはありますがめっきり減りました。

今日は、別の同じような手口の勧誘が2件も続いてのでブログに書いてしまいます。

これは昔「国際グラフ」という業者が得意にしていたやり方です。国際グラフは雑誌ですが、大抵はリタイヤしたスポーツ選手や有名人を連れてきて、雑誌に載せるので対談して御社のインタビューを是非やらせて下さい、というもの。途中で「結局それって、こちらがお金をいただくのですか、払うのですか?」と聞くと、結局は向こうはお金が欲しいのだ。有名人で釣っておいて、ある意味巧妙です。

今日の1件目。
渋谷でやっている某ローカルFM局で番組があり、○○○というパーソナリティーがいて、是非御社のことを番組で取り上げさせてくれ、というお話し。15分の枠があると言うこと。で、私はいつもの質問「結局それって、こちらがお金をいただくのですか、払うのですか?」を聞くと、結局お金が欲しいらしい! これは新手のやり方だったので、少し相手の話を聞いてしまった!

今日の2件目。
○○○という出版社で、雑誌ではなくて今度「悩みを持っている人」のための本を出版すると言うこと。それで是非御社の紹介記事を載せてほしいという内容。私はいつもの質問「結局それって、こちらがお金をいただくのですか、払うのですか?」を聞くと、結局お金が欲しいらしい! これは国際グラフと似ているので、短時間で終了。

どちらもHPを見ていて、こちらのことをある程度ほめてくる。

しかし、
みんな、お金が欲しくてかけてくる。雑誌だって、FM局だって、本だって、いったいどれぐらいの人数の人が見るんだ。まあ、これ自体は宣伝の威力はゼロなんだけども、そういう媒体にウチが紹介されましたって、そのことを自分で宣伝するためにお金を払う人もいるようです。しかし、こういう誘い方をすること自体に怪しさを感じますね。



忍者ブログ [PR]
最新コメント
(01/31)
プロフィール
仁科まさき
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索