忍者ブログ
アロマ、レイキ、徒然のことを綴ってゆきます
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本格的に寒くなってきましたね。冷え症の方は厳しい季節になってきました。女性のクライアントさんの場合、冷え症で悩まれる方は軽度の方も含むとかなりの割合になりますので今日はとっておきの改善法を紹介しましょう。

実は私も冷えると言うことは体験しています。セラピーの世界に入る前までは、片道20分〜30分の自転車通勤を寒い真冬も4〜5年間続けていました。ところが、セラピーに転職してそれがなくなってしまって、昨年あたりからどうも、特に朝、冬に手足が冷えて困ることが起きました。「げっ、これってもしかして冷え!?」少し女性化したのかもしれませんが(笑)。

アロマトリートメントでも冷え症改善の施術をする私としては、この様なことを書くのはおかしいのですが、冷えには運動が一番です。私は週に2日ぐらい、朝の寒いときに10分〜15分程度のジョギングをします。実は、これはヤバイと思ってジョギングしたら、次の日には大幅に改善して、非常にビックリでした。超お勧めです。

冷え症改善のためのジョギングは有酸素運動になるまでやる必要はなく、汗をかく寸前で止めても十二分に効果があります。だいたい10分〜15分で十分です。閉じていていた毛細血管に血が流れるようになり、また朝の寒い空気に肌が当ることで抵抗力もつきます。最初は、1日おきに、冷えが改善してくれば週に2日もやれば十分です。

冷え症にお悩みの方は是非試してみてくださいね。
運動が嫌な方は岩盤浴も良いようですね。
でもジョギングはタダだから(笑)。
PR
妻は先々週に引いた風邪で、喉が残ってしまって、たぶん今週また別の風邪を引いたようだったが、いずれにしても咳が取れない。もともと喘息なので喉が弱いようです。

非常に困るのは、夜布団に入ってコンコンと咳き込まれて、こっちが全く眠れなくなってしまうこと。仕事の関係でどうしても睡眠をしっかり取る必要があるときは別室に避難するのですが(笑)。

昨晩は今日がお休みな事もあって、少し実験する気力が出て、寝る前にアロマを適用しました。ユーカリ・ディベス、ジンジャー、シダーバージニア、どれも教科書的に鎮咳作用のある精油。就寝前に2滴ずつ使ったブレンドを胸部と首周辺に塗ってあげました。これが良かったのか寝る前にはすでにすこし咳してた状態ですが、布団に入ってからは全く咳なしで、昨晩はとても平和に眠りにつくことが出来ました。
アロマの出張トリートメントはもうかなり長くやっていて、色々なノウハウがありますが、時間通りに目的地に着くというのも大事な要素なんです。一応30分前に着くようにはしているので、約束に遅れるというのは年に一度あるかないかなのです。でも今日は参りました。

中央線に乗ると「四谷で人身事故」。中央線ではいつものことなんですがやはり焦ります。今日は特に総武線も同時に停止。電車は取りあえず吉祥寺まで進んだので、即決して井の頭線に乗り換えます。携帯の検索で時間をみてるとちゃんと間に合います。ホットとして渋谷に着き山手線に乗り込むと「架線事故があり工事は終わったが動き出しておりません」ギャー!うっそ!で、大慌てで地下鉄に切り替え、乗り継ぎして目的地にたどり着きましたが、15分の遅刻になってしまいました。

イヤー、今日は疲れた。
実は昨日の朝、朝食を取っていたのですが、直前までパソコン仕事をしていたせいか頭と体がバラバラで、たまたま付いていたテレビをぼんやりと眺めていたら、舌を噛んでしまいました。堅めのフランスパンだったせいもあって、力余って、これまでにない痛さに、七転八倒!痛さをこらえるためにテーブルや畳をたたいて我慢し、かなり長く唸っていました。。

さすがに結構出血していて、ちょうど犬歯が舌の裏に食い込んで切れています。しかも一個所ではなくて小さい動物に噛まれたように2個所が切れています。これは痛いよね(笑)。

このときにとっさに思いついたのがゼラニュームです。切り傷に付けると切ったところがくっつくし、止血作用が高いゼラニューム。実はゼラニュームは口内に使ったことがなかったのですこし躊躇しましたが、この際自分で実験するしかないと思い、原液を手で出血している舌の裏の傷口へ塗ります。まあ、しみることはしみますが大したことはないです。で!、やはりさすがです!本当にあっという間に出血が引きました。

これで少しホッとして、今度はちゃんと綿棒を持ってきて、原液を綿棒に付けてからしっかりと塗布。状態を良く見てみると切り込んだ部分もあり、内出血している部分もあり、かなり悲惨(笑)。

その後は精油をゼラニュームからニアウリCT1に変更して(ニアウリの方が口内用に臨床例がありますので)、たまに綿棒で付けていました。さすがに昼食は少し痛かったですが、夕食はほとんど普通に食べられました。あと食後と寝る前に付けました。

今日、朝起きて傷口を観察してみると、一応切れていた部分はふさがっています。内出血はまだ跡が見えますが、全体にずいぶん良くなっています。食事は全く問題ないです。また舌を動かすと軽い痛みがありますが、切った直後の状態からずいぶん回復しました。

精油の効果には驚かされることはたまにありますが、今回は本当にありがたいと思いました。
先日、妻が歯磨きを買いに行って、買ってきたのを見たら「ウインターグリーン」と表示がされています。日本では珍しいですが、最近発売になったライオンのデンターaminoでした。ウインターグリーンとスペアミントの2種類あります。

おかしかったのは、妻が「ウインターグリーンって、冬季限定品だと思って・・・」という理由で買ったそうです。確かに冬に元気な植物ですけどね。

昨年買ったウチのウインターグリーンは、夏の高温多湿でほとんど死滅状態。またクリスマスの時に買っておかないといけないようです。

日本ではサロンパス臭としてあまりにも有名になってしまいましたが、アメリカではキャンディーや飲み物の味付け・香り付けに使われています。でも、繊細な日本人にはちとキツイ香りです。
公開していなかった子供の出産時の実話を入れました。

独り言 「出産の形」更新
http://messia.com/aroma-forest/my_note/birth.htm
ちょうど季節の変わり目になりましたね。同時に妻の喘息のシーズンです。とてもひどいと言うほどではないのですが、軽い運動をしたりするとゼーゼーになります。そのまま寝るとひどいことになるようですので、寝る前にケアします。

この日は、夜涼しくなったので厚めの掛け布団と入れ替えをしたのが特に良くなかったようで、テレビを見ながらゼーゼーしてます。このテレビを見ながらと言うところがウチの妻の素晴らしいところでしょうか(笑)。

で、まずレイキをかけます。これは胸部と背中のサンドイッチで10分ほどかけました。レイキは案外とこういう場合は必ずと言っていいほど効きますね。で、少し楽になったようなので、いそいそとアロマの調合にトリートメントルームへ向かい、ローマンカモミールとバジルを4滴づつ入れたものを作り、胸部全体と鎖骨部分に塗ります。まあ、調子は悪くないようです。

それから私のテンションが下がり(笑)、何故か国勢調査の記入にかかります。裏表の2ページで案外と少ない情報量の記入で、ちょっと肩すかしでした。で、記入してから横でまだテレビを見ている妻をふと見て、「そっかハーブティーがあったか」と気がつき、ハーブティーの調合にかかります。これはジャーマンカモミール、エルダーフラワー、セントジョーンズワートに飲みやすいようにすこしすっきり系のハーブを入れて完成。妻はそれを飲みながらテレビに熱中(笑)。

その後、私はパソコンをいじりに別室へ行って、しばらくして戻ると「なんか、すごくすっきりした!」と宣うではありませんか。最初のレイキを始めてからだいたい一時間経過しています。私曰く「まあ、三種類もやったからね・・・」。

妻の喘息はわたしがそもそもセラピーの世界に入ったきっかけを作ったものなので、実はウチではとても大事な?ものなんですね。本人は辛くて嫌だと思うのですが、病気というのは全部が全部悪ではないと思うのは、こういうことがあったりするためです。

気候が落ち着くまで、こういうセラピーごっこが続く我が家です。
妻が昨晩寝違えて、背中が痛いと言うのでアロマしてみました。普通は首だと思うのですが、どうやったら背中を寝違えるのだろうと??と思ってしまいましたが。

痛いのは背中の横隔膜の高さです。取りあえず、定番でウインターグリーン、ユーカリレモンそれにローズマリーカンファーを使って、少しマッサージして、レイキもかけておきましたが、結構1日痛がっていました。入浴後、上記のブレンドでローズマリーカンファーをバジルに変えてまたやっておきました。明日は、少し良くなると良いのですが・・・。
久しぶりに試験というものを受けてきました。実はエステシャンの試験なんです。実技は実績だけで評価して、試験はペーパーです。(来年からはシステムが変わるそうですが)

問題自体はそれなりにレベルが高いです。今日の主人公は奥さんの方で、エステの本格営業のために受けるのですが、僕はそれなら僕も取れそうだからというので受けてきました。もちろん勉強しましたけどね(笑)。

エステの試験というので、興味があったのは男の子がどれぐらいいるかなということですが、僕の受けた教室ではたぶん50人ぐらいですが、それでも僕の他に2人の男性がいました。案外いるのだなと少し驚き。

それにもまして、おもしろかったのはアロマとは全然違って、みんな化粧も服装もバッチリ、バリバリで決めてくることでしょうか。女性ばかりのアロマの世界に浸っていて全然慣れている状況なのですが、バシッと決めたエステのお姉様達が、うわーぁ!といるとかなりの圧巻でした。ある意味楽しかったです(笑)。
セラピストとしては、手に怪我をしないように最大限の注意を払っているつもりですが、時として失敗します。今日は、たたんだマッサージテーブルを展開しているときに、やってしまいました。

ご存じの方もいると思いますが、マッサージテーブルは中央に蝶番が着いていて、折れるようになっています。展開するときは、中央の割れ目が閉じる感じになるのですが、その割れ目に指を挟んでしまいました!近くにちょっとものが置いてあって無理なやり方をしたためした。

その割れ目は堅いものではなくて、テーブルのクッションが有るのですが、てこの原理で挟んでしまうと、想像よりもずっと強い力で圧迫されます。薬指を挟んでしまったのですが、ちょうど爪の付け根が赤くなるほど圧迫してしまいました。一種の打撲状態・・・。

「がーん、やってしまった!」こういうときは数分前の過去に戻れないかと凄く悔やみます(笑)。残った感じは、これは施術に差し支えそうだという感じで、焦りまくり(笑)。

取りあえず何故かラベンダーに手が伸び、ラベンダーを塗りました。理由は分りません。火傷と同じ感触があったのかもしれません。で、しばらくしてから定番ですがヘリクリサムをすり込みました。1時間ぐらい結構痛かったです。それから30分おきぐらいに、ヘリクリサムを塗り込み、レイキもかけておきました (笑)。

で、お風呂に入って出ると案外楽になっています。4時間ぐらい経ちました。で、今こうしてパソコン打っていますが大丈夫になりました。まだ、押すと痛みはありますが、明日の施術には影響なさそうです。

こういう軽いもので良かったです。また良い警告になりました。ヘリクリサムさんありがとう。


忍者ブログ [PR]
最新コメント
(01/31)
プロフィール
仁科まさき
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索