忍者ブログ
アロマ、レイキ、徒然のことを綴ってゆきます
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おかげさまで、延べのアチューンメント人数が300人を超えました。多くのかたにレイキを使えるようになっていただいたのはものすごく嬉しいですし、わたし自身がいただくもの、学ばしていただいたものが、ものすごく多いと痛感しています。皆様に、心より感謝しております。今後も、レイキを使っていただける人を沢山沢山増やしてゆきたいです。まだまだ通過点です、今後も一層頑張ってゆきます!
PR
先週、膵臓ガンを病んでいた50代の従姉が亡くなりました。昨年の10月に黄疸がきっかけで分かり、抗ガン剤などで治療をしておりましたが、難しかったようです。(ブログではこういうことはあまり書かないつもりなのですが・・・)レイキは対面では4~5回やってあげただけにとどまりました。今年に入ってから一時期悪化して入院しましたが、その時から遠隔を週3回ぐらいしていました。気のせいか遠隔を密にしてあげているときは調子が良かったようです。アロマセラピーなどでは人の死というものにそれほど肉薄しないのですが、レイキのセラピーをやっているとそれも扱う範疇に入ってきてしまいます。その辺がレイキのすごいところですが、自分が以前なかった距離で死に遭遇する場合が出てきます。オタマジャクシの所でも書きましたが、死は難しいものです。毎日世話をしている植物は生や死は日常茶飯に行われていて、自分でも切ったり捨てたり、枯れるのを目撃したり、新しい芽が出てきたり、軽い感じです。人間の死も宇宙の全体から見れば日常茶飯なのかもしれませんが、なかなか重いものがあります。それが「万物の霊長たる人間」の所以なのでしょうか。

ところで、お通夜に行った席で、別の従兄の奥様が数日違いでやはり膵臓ガンでなくなられたことを知りました。こちらはまだ40代前半で、何とも若いです。膵臓ガンは女性に多いのか、とにかく発見が難しいので、なかなか良い手段がないようです。レイキを学ばれた方はたまにヒビキをチェックして、是非とも日常的に健康管理をして行くと良い臓器の一つです。

重い話で済みませんでした。
何だか寒い日が続いています。毎日雨が降りますね。タケノコをほりに行きたい場所があるのですが、きっと今頃ニョキニョキと成長しているかもしれません。待っていてね!

今日はテレビで少し気になったものがあるのですが、一卵性の双生児で、生まれた直後に極端に違った環境で育てても、性格や成績や嗜好やさまざまな要素が全く同じというのがありました。つまり、性格や人格などは後天的なものではなくて、ほとんどみんな先天的なものだということです。スピリチュアルな魂という点ではこれはどのように考えたらよいのかなぁと悩んでいたのでした。肉体と別に魂というものがあるのであれば、一卵性双生児の場合は、魂は元は一つで、途中で別れたと解釈するのか・・・。精神世界では赤ちゃんが親を選んで生まれてくるという表現がありますが、この場合はどうなんだろう。一卵性双生児の場合は、違った別の魂が入るっていうことはないの?その辺、誕生生理学と精神世界の考え方がうまく整合性がとれるのかと悩んでいました。
レイキHPのリニューアルを開始しました。まだ、主にデザインの変更だけですが、内容も徐々に更新してゆきます。入門的なことと、専門的なことを分けてゆきます。デザインももう少し工夫して行く予定です。もしも、表示などに不具合がありましたが、お手数ですがお知らせ下さい。

昨日18日昼より本日19日先ほどまで、
メールシステムの不具合があったようです。
この間にメールを送られたかたは、大変ご面倒ですが、
メールを再送していただくようにお願いいたします。
皆さんは、「リコネクション」とか「リコネクティブヒーリング」というのをご存じですか? 私は全然知らなかったのですが、数週間前に受講生のかたからそういうヒーリングがあると名前だけ教えてもらったのですが、数日前にある知り合いから、リコネクティブヒーリングのエリック・パール氏がある団体向けにインフォーマルにセミナーを行うので参加しないかとお誘いを受けました。彼のセミナーは超人気で普通にチケットを入手するのも大変ということで、これはもしかしてラッキー?と思いつつ参加してきました。

30人ぐらいのセミナーで、小さい部屋でしたので、まさに手に届く距離で彼の話やデモンストレーションを見れました。彼は色々と哲学的な話も沢山してくれて、ヒーラーにおけるマスターの意味とか、ヒーリングのおける石とか、金属とか、不安の問題とか、シンボルのこととか、僕が以前から感じて、自分の講座でも陰に陽に反映させている考え方でしたので、その部分は、そうそうその通りと感じながら聞いていました。

彼のヒーリングはエネルギーワークとしては、確かに変わっていますね。自分でエネルギーを送っているという感じではないです。クライアントから少し距離をとって作用点が最も大きくなる点を見つけて、そこでワークをかけるという感じです。クライアントに近づくと作用が弱くなり、ある離れた距離で作用が最大になるというのがとても面白かったです。あとで色々と考えたのですが、一つの解釈としては、何かちょうどテコのような原理で、人間の体のまわりには、体に作用させる点がすこし離れて存在している感じなのかもしれません。別な解釈として、ヒーラーはちょうど凸レンズのようになって、ちょうど焦点がある距離で作用をさせているという可能性もあると思いました。いずれにしろ、彼の送っている感じは、エネルギーを送っているというよりも、エネルギーを呼び込んでいるという感触がありました。何が起こっているのかは良く分らない点が多かったです。エリック・パール氏がヒーリングしている手のほんとに10cmぐらいのところで立って見ていました。

ただ、彼が口で説明しているリコネクティブヒーリングはすべてのエネルギーワークをその一部として統括して、もっと広い範囲・次元を持ったものだという点と、実際に彼が行っているヒーリングが、その通りになっているかどうかは???でした。昔の日本の霊術でも、霊術師さんの書いている世界観とか倫理とか哲学とかは素晴らしいものがあるのですが、実際にその霊術師さんが行っているヒーリングが彼が口で説明していることと一致していないのではないかと感じることがありました。エリック・パール氏の場合も、デモンストレーションを見ているだけでは、彼の言っている内容が彼の行っているヒーリングと一致しているかどうかは全く分りませんでした。

私は、もしかしたら現代版の手かざしなのかもしれないと思いました。レイキをずっとやっていて、一つ疑問に思っていたのは、手かざしとレイキは同じなのかということです。だって、手を直接当てた方がエネルギーが強いのであれば、なぜ、手をかざすというスタイルが出来上がったのか、完全には納得できない部分を感じていたからです。でも、もしもエネルギー的に体よりも少し外側に何か作用点があって、そこに働きかければ効果が出ると言うことであれば、手かざしというテクニックも別な形で有効であるということになります。

まあ、良くわからないことが多いですが、オープンマインドになって、色々と学んでゆこうと思いました。とにかくとても良い刺激になりました。こういうチャンスをくれた、友人と宇宙に大変感謝いたします。今日は、少しミーハーになって、ちゃっかりエリック・パール氏のサインをもらってきてしまいました(笑)。

自分の親には、これまでごくたまにレイキをしてあげるだけだったのですが、作ったパンフレットを送ったら、「お母さんにやって上げたい」ということで、父親をアチューンメントすることになりました。親には特にレイキを使って欲しいというアプローチをしたことはなかったのですが、少し不思議な気分です。昔、初めてアロママッサージをしてあげたときは、自分の親の体に触ってマッサージをするというのはとても不思議な体験で、とても感慨深いモノでした。今回のアチューメントは、すでにその経験があったのと、自分のプロ意識からか普通のアチューンメントの時の意識とあまり変わりませんでしたが、それでも何か不思議な感じです。これで母親がもっと頻繁にレイキを受けてくれたらいいですし、お父さん自身のためにもなれば嬉しいですね。
今日夕方、外を歩いていたら、なんか体中にまわりの木々や空気だけでなく建物などの全部の存在感が感じられました。いつも春になると思うのですが、なんていうか空気の感覚というか、たぶん気温と湿度とが風の流れに微妙に組み合わさった感触ですが、これから来る春に木々や様々なモノが反応し呼応して出しているエネルギーというか、そういうのが感じられます。とても心持の良い、肌にしみる感覚です。春ですね!
書込みが超久しぶりになってしまいました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨日から自分の体のトラブルがあったので報告させていただきます。昨日の夜、自宅で部屋の中を普通に(と自分では思っているのですが)歩いていたら、右足の甲がギクッとなって、強い痛みが出て、まるで捻挫をしたようです。これでなんでしょうね?いわゆる筋を違えたというものなのか・・・。甲の中央部に強い違和感がありますし、内側を押すと非常に痛いポイントがあります。体重を載せると凄く痛くて、びっこを引かないと歩けませんし、階段は手すり無しでは移動できないほどです。

普通はレイキをするとわりと直ぐに楽になるのですが、この時はほとんどと言って良いほど変化が感じられません。「うーん、これは接骨院行きか・・・」とも思ったりしました。次の日はレイキの講座なのですが、座れなかったらどうしようなどと案じていました。寝るときにアロマをつけて(ヘリクリサム、ローリエ、ウンターグリーン)ラップでカバーでして起きます。自分とそれから奥さんに頼んで20分ぐらいレイキしましたが、痛みが強く普通に何もしないで寝てもすこし痛いぐらいです。それでも眠れてしまいましたが。

で、朝恐る恐る起きてみると、おーっ、痛みはなくなっています。歩くので体重をかけても痛みはありません。ただ、まだ何か圧迫感というかなんか強い違和感が残っていますが、座ることは出来そうなのでホッとしました。もう一度アロマを塗りラップして、午前の講座を座りながら行いました。昼休みになると、足のことは全く忘れてしまっていました。確認すると朝の変な違和感もなくなっており、治ったと言えるレベルまでになっていることが分りました。うーん、これってやっぱアロマとレイキの効果だと思います。16時間ぐらいであれだけ痛く違和感があったのがなくなってしまうって普通ではないように思います。
私は全然知らず、受講生の方に教えていただいたのですが、昨年の読売新聞の連載小説で池澤夏樹さんの「光の指に触れよ」という中で、レイキのことが出てきていたのですね。主人公はレイキを使うヒーラーということで、非常に肯定的にレイキが出ていたようです。一般の方の目に付く形で載るなんて珍しいですね。まだ書籍化されていないようですので、出たら是非読んでみたいものです。


忍者ブログ [PR]
最新コメント
(01/31)
プロフィール
仁科まさき
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索