忍者ブログ
アロマ、レイキ、徒然のことを綴ってゆきます
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レベル1からどのようにして以降のレベルに進むのかという受講の流れに関しての説明を書きました。[受講の流れ等]と言うところです。ご覧になってみて下さい。
PR
昨日初詣に行ってきました。夕方から天気が良くなってきたのもあって、結構寒くなってきました。外出するときにカイロを持って出たのですが訪問先に置いてきてしまい、帰宅するときに結構寒かったです。(年寄りみたい?ですが、体や手は冷やさないようにしてます。)で、その時にすこし発霊法の浄心呼吸法をやってみたのですが、自分の体にレイキが送られて、ポカポカとまでは行きませんでしたが、案外と寒さがしのげますね。皆さんもやってみて下さい。
明けましておめでとうございます。

はじめまして。
以前からレイキを習いたくて色んな教室を探していました。ですが検索で仁科様のHPに強く惹かれました。


良ければ私を生徒としてご教授願いたいのですが

私は関東在住ですが仁科様はどちらに御住まいでしょうか?

詳しい事はメールお待ちしております。

では失礼します。
今日はクリスマス。ウチのクリスマスは今年はかなり質素です。僕は自分で欲しかったエンヤのCDを買っておいて自分のクリスマスプレゼントにしてもらいました。

そのエンヤの「Amarantine」をかけてみると、妻曰く

 「どうして古いのを買ったの?」
 「えっ、これって新譜だよ」
 「だっていつもと同じじゃない」

がーん、そうか、興味の無い人が聞くとエンヤの音楽は結構同じ感じに聞こえてしまうのね・・・。癒しの世界ではメジャーなエンヤもかたなしです(笑)。
今朝は目が覚めたらなんだか体中が硬直していたような、カチカチのような感じで、筋肉的に突っ張っているのではなくて良くわからないのですが固まっていました。ほどいてゆくのにしばらく時間がかかりました。金縛りとは全然違います。目を開けたら固まっていた感じ。

実は夢でづっと追いかけられる夢を見ていたのです。結構長いやつでした。追いかけられる夢は結構よく見ますが、今回は林の中とか建物の中とか、結構執拗に追われて、ちゃんとヘリコプター使って赤外線センサー使って追われていました(笑)。最後まで捕まりませんでしたが、それで固まってしまっていたのかも (笑)。
ちょっと難しい名前ですが、日常の動作をしながら使える瞑想法があります。もう4年ぐらい前に知りました。最近少しさぼっていたのですが、今日は別の本を読んでいたら思い出して、夕食の時に久しぶりにやってみました。

この方法を発展させてダイエットに役立つ食事法なども開発したのですが、やはりすごく良かったです。なんか色々な雑念を一掃することが出来ましたし、食後の心地よさが素晴らしかったです。食後は「あ〜、食べた」という満足感があると思うのですが、あの満足感ではなくて、もっと品が良く、穏やかで、清涼感のある、心地よさなんですね。食べ物に対する慈愛も気持良いです。

レイキのHPの鍛錬法の部分に何を書こうか困っていたのですが、そっかこれだっと、早速書いてアップしておきました。
整体を創始された野口晴哉先生の本で「風邪の効用」というのがあり、先生は「風邪は自然の健康法である。風邪は治すべきものではない、経過するものである」と主張されていますがわたしは全く同感です。風邪は普通にひいた場合は体が反応し、症状が出て、回復するというプロセスをたどることで自然と本来備わっている抵抗力が活性化して、回復したときの健康維持にとても寄与すると思います。病気−全て悪いものという見方をする西洋医学では理解できない視点でしょう。

レイキで風邪の手当てをしたときも直ぐには症状が改善しない場合もあります。例えば私の子供の時では、それは胃腸に来る風邪で、食べたものが不消化でずっと胃に溜っているのですね。だからとにかくその不消化物をもどさないと頭は痛い、気持ちが悪いということになります。普段は人の嘔吐物なんて観察しないのですが、子供のはうんち・おしっこで慣れていますから、よく見ることが出来ました。朝食べたポテトフライが深夜まで胃の中でしっかり形が残っているのですから辛かったはずです。腸でも似たようなことだと思いますが、こういった場合はレイキをかけても、体から不純物を出さないと良くはなりませんね。
今日は色々な意味で少しエネルギーが低かった。妻は水曜日に風邪でダウンして、私がかなり家事をやって(偉い!)休めたせいもあって調子は良くなったのだが、昨晩は妻の咳がひどくなってしまった。直りかけでももともと喘息なので喉に来ると弱い。私はもう眠かったので(こういうときはレイキが楽)レイキをかけてあげることに。一応、レイキをかけているときはかなり咳が収まって、ウンこれで大丈夫かなっとおもっても、それで寝始めるとまた咳が出て来る。そこで妻はやむを得ず薬を吸入して咳は鎮まった。「うーん、今日はダメだったか・・・」とレイキの結果に少しがっかり。それに加えて彼女の咳に付き合ったのでかなりの寝不足となってしまいました。

しかし、僕はどうも風邪を引きにくい。それはたぶん接客業としてはとてもいいことなんだろと思う。風邪の方をレイキをしていると相手が重傷の場合は通常のヒビキとは別に、瞬間的に悪寒とか軽い吐き気とかを感じるときがあるのだが、それも離れてしまえば自然に消えてしまって、もらうとは明らかに違うようだ。

今日は他にカウンセリングの研修として2回目のレベルチェックを受けたのだが、まだまだ直すところがあり、寝不足に加えてさらに落ち込んだ。自分としてはクライアントさんに分析を加えず、先回りしないで接するようにしているはずなのだが、受けているモデルの方は質問の仕方にそう言う点を感じてしまうということだった。レイキでも自分の意図を送らず、クライアントさんにゆだね、できるだけ無心になろうとしているつもりで、そのように教えてもしているのだが。うーん、自分で思っていてもそのようになっていない場合もあるのか・・・、とさらなるリセットが必要なのかも知れないと思った。
レイキの適用例をご紹介してゆきたいですが、クライアントさんのことはここには書けないので家族のことはたまに書いてゆきます。

今日は息子が風邪で、まだ先週に引いた風邪が少し残っていたのですが、昨日は遠足だったので何とか行かせてみたのがあまり良くなかったようで、今朝は頭痛と腹痛で朝痛がっていました。なので取りあえずレイキ!風邪以外の要素がないようなので精神的には気が楽です。

頭部と腹部を両方同時にレイキします。そうですね20分ぐらい少しポジションを変えつつレイキをかけました。最初はかなり痛がっていたのですがレイキをかけ始めて、直ぐに楽になったようで、終わる頃には眠っていました。その後、少し寝て調子が良くなったようです。やはり効く!と思いました。

夕方になってまた熱が出て、機嫌もものすごく悪かったので妻が医者に連れて行きました。(そう、妻は結構医者が好きなのです。)実は、ちょっと連れて行ってみようかという近所のお医者さんがいたので、それでよい機会だからというのもあったようです。妻はその医者のことを幼稚園仲間から聞いて「風邪で抗生物質を出さない先生」ということでした。昨今の、医者は風邪で抗生物質を出します。これは実は大部分の場合はおかしいのですね。風邪はウイルスによって引き起こされ、抗生物質は細菌に効くので、抗生物質を投与してもウイルスは死にません。よく考えてみてください、私たちの世代が子供の時は風邪で抗生物質なんて出しませんでした。それだってみんな直ってきました。これは当然のことです。ただ、もしも患者さんが非常に弱っていたり、重篤な炎症がある場合は、抵抗力がなくなっている場合もあって、細菌に感染する可能性が高いのでそう言う場合は抗生物質が必要になります。しかし、普通の健康な子供や大人はそれは必要ありません。さらに、抗生物質は人間に必要な細菌まで殺しますから、お腹を壊したり、カンジタにかかったり副作用もあります。ですので、風邪で抗生物質を出す医者は同時にお腹の薬を出す場合もあります。こんな事をやっていたら医療費が高騰するのも当然です。

で、妻が子供が風邪にかかって普通の医者からまるでデパートの買い物のように薬をもらうたびに、この小言を言うわけです(笑)。だから、今日は妻はその風邪で抗生物質を出さない医者に興味を持ち、試してみたかったようです。その医院は普通の住宅の一室を改造しただけで、看護婦さんもいなくて医療事務のパートの人が一人いるだ。妻によると「白い巨塔」の大河内教授の様だったとのこと。で、彼女はカマをかけて「なぜ抗生物質をだしていただけないのですか?」と尋ねたところ、普段から僕がぼやいているとおりのことを言ったそうです。抗生物質はウイルスには効きません、そうなんです。で、ごく普通の感冒薬一種類をもらって帰ってきました。やはり本当の医療はこうあるべきだと思います。

夕食前にまた頭が痛いと言ったので、5分ぐらいですがまたレイキをかけました。その後は非常に元気になりかなり良くなってきました。
公開していなかった子供の出産時の実話を入れました。

独り言 「出産の形」更新
http://messia.com/aroma-forest/my_note/birth.htm


忍者ブログ [PR]
最新コメント
(01/31)
プロフィール
仁科まさき
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索